家を買おうと思ったら、ちょっと覗いてみてください

初めて家を買う!

住宅ローン申込みから融資実行までの流れは!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

住宅ローン申込みから融資実行までの流れは

 

住宅ローンは、申し込んでからすぐにお金が出るというものではありません。
いくつかの手続きがあり、それなりに時間の掛かるものです。

住宅ローン融資までの流れは
1.事前審査
2.本審査
3.金銭消費貸借の契約
4.融資実行
この4つの大きな流れになります。

 

住宅ローン事前審査

住宅ローン本審査を受ける前に、事前審査があります。
住宅ローン事前審査は、購入物件が決まりましたら、契約の前に住宅ローンが借りられるかどうかのめどをつけるための簡単な審査です。
借りられるとして、いくら借りられるのか、金利はいくらなのかがわかります。

事前審査の手続き
事前審査の手続きは簡単で、申込みに用意するものは
1.事前審査申込書
2.源泉徴収票
3.身分証明証
4.健康保険書
5.物件の販売図面
申し込んでから2営業日で結果が出ます。

 

住宅ローン本審査

事前審査が通りましたら本審査です。
本審査を受ける前に、購入物件の契約が必要になります。
なぜなら、本審査には物件購入の契約書が必要になります。
事前審査が通っても、必ず本審査に通るとは限りません。
カードローンを延滞したり、キャッシングをしたりなどして通らない場合もあります。
団体信用生命保険に加入できない場合は、審査に落ちる場合があります。病気をしたり、入院したりすると加入できない場合があります。

 

本審査に必要なもの

住宅ローン本審査申込書
団体生命保険申込書兼告知書
不動産購入契約書
印鑑証明書
住民票
住民税課税額決定書
物件に関する資料(不動産業者が揃えます)
審査の結果は3日から4日で出ます。

 

金融機関との金銭諸費貸借契約

本審査に通りましたら、金融機関と金銭消費貸借の契約をします。
契約書には、借入金額、金利、返済期間、返済にあたっての条件などが記載されていますので十分確認してから署名、捺印してください。

契約書には印紙が必要になります。
借入額が1,000万円超5,000万円以下の場合、2万円の印紙を貼付します。
その他に、保証料、融資事務手数料などがかかります。

住宅ローン融資実行
金銭消費貸借の契約後1週間ぐらいで資金の実行になります。
住宅ローンの融資実行は、決済日に融資実行される金融機関に、売主様、買主様、司法書士、仲介業者が集まり、残金の支払い、物件の引き渡しを同時に行います。

 

司法書士が、売主より買主に移転する書類をチェックして
司法書士が書類を預かります。
移転の書類に間違いのないことの確認ができたら、買主は
売主に残金を支払い、鍵を受け取ります。

鍵を受け取った時点で、マイホームとして何時でも入居ができるようになります。
司法書士は、移転の書類を持って登記所に手続きに向かいます。
2週間ほどであなたの名前になりました登記識別情報(権利書)が届きます。
住宅ローンの申込には、いろいろ書類が必要になります。お忙しい方は予め準備しておいたほうがいいですね。

この記事も読んでいますよ。
住宅ローン審査を通りやすくするには何をすればいいの。

自己資金少ない人の味方、仲介手数料無料の会社

「住宅ローンの頭金は2割必要」その考え方は古いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 初めて家を買う! , 2019 All Rights Reserved.