最近の記事

  1. 事前審査複数申し込み
  2. 喜多見駅
  3. 年収400万円住宅ローン家族
  4. 住宅間取図作成

住宅ローン事前審査の複数申し込みはできるのか

  1. 住宅ローン
  2. 82 view
複数申し込み

住宅ローンは、大きなお金を長い期間借りるので金利や諸条件をいろいろ比べて検討したいところです。そのためいくつかの金融機関に申し込みをして比べてみたいのですが、大丈夫かどうかと心配されている方は多くいると思います。住宅ローン事前審査の申し込みは、複数の金融機関に申し込んでも何の問題もありません安心して申し込みをしてください。むしろ複数申し込みをおすすめします。

これだけは揃えておいてください住宅ローン事前審査必要書類
源泉徴収票
身分証明書
健康保険書
物件販売図面


他の借り入れがある場合は
借入の償還予定表や残高証明書

関連記事
住宅ローン事前審査で揃える書類

住宅ローン事前審査(仮審査)とは

住宅ローンの申し込みは、まず事前審査(仮審査)の申し込みをして、事前審査が通ってから不動産売買契約をします。
売買契約が済んでから住宅ローン本審査の申し込みになります。住宅ローン事前審査の承認が得られないと不動産売買契約には進めません。そのためにも複数の住宅ローン事前審査を受けることをお勧めします。住宅ローン事前審査は無料です。

住宅ローン事前審査(仮審査)は、申込者の返済能力、信用力が審査されます。
返済能力は、属性、収入、勤務先、年齢などにより判断されます。
信用力は、個人信用情報機関に照会してクレジットカード・カードローン・リボ払いなどの延滞や金融事故がないかを確認します。

住宅ローン借入金額を減額されないために、事前審査申し込みの前にやっておくとよいこと3つ
キャッシング枠の付いているクレジットカードの保有枚数を減らしておく
車のローンを完済しておく
リボ払いで払っている残高を完済しておく

複数申し込みで分かる事

住宅ローン複数申し込みのメリット

ひとつの金融機関にしか申し込んでいなかった場合、事前審査に落ちてしまった場合、また一から金融機関を探さなければなりません。また一から申込書をつくらなければなりません。それよりも時間のロスが大きいです。時間がかかりすぎて、せっかく見つけた物件を他の人にとられてしまうということもあります。

気に入った物件が見つかって、不動産購入申し込みを出すときには、事前審査が承認されていないと申し込みができません。
なぜなら、契約しても住宅ローンが下りないと契約は白紙解約になります。売主としては事前審査承認で、買主の住宅ローンは問題なく借りられるという確証を得て契約に臨みたいのです。

買主にとっても事前審査申し込みをすることにより、どのくらいの金額をどのような条件で借りられるのかが把握できます。

住宅ローン団信の比較ができる

住宅ローン事前審査複数申込で、住宅ローン団信の比較ができます。
住宅ローンの団信は金融機関ごとに保障の内容が違います。
一般団信
がん保障特約付団信
3大疾病保障特約付団信
8大疾病保障特約付団信
11大疾病保障特約付団信
ワイド団信
就業不能特約付団信
配偶者保障特約付団信

最近金利の低い商品で団信が付いてないのもありますのでよく調べてみましょう。大きな保障の生命保険に入っている方などは、団信より金利の低い方が良いと団信の付いていない商品を選ぶ方も多くいます。

住宅ローン事前審査に申し込んでわかる事

借りられる金融機関、借りられれう金額がわかります。
借りられる金額がわかるのは重要なことで、いざ物件が決まって事前審査申し込んだらその金額が借りられなかった、よくあることです。チラシやネットで探し回り、そして現地見学までした時間が全部無駄になってしまいます。

その他、金利・返済期間・総返済額・借りるための諸条件などがわかります。審査の通った金融機関の中から、金利やその他諸条件などを比較して、自分に合った金融機関を見つけることができます。

事前審査メリット

住宅ローン事前審査の複数申し込みはできるのかまとめ。

住宅ローン事前審査複数申し込みは、何の問題もありません。ご安心くださいしかも無料でできます。
どこの金融機関に住宅ローン申し込んだらよいのかわからない、1社に絞ろうとするからわからなくなるのです。それなら一度に複数の金融機関に申し込みを入れて、貸してくれる金融機関の中からあなたに合った金融機関を1つ見つければいいのです。
1社より複数申し込み、実際に組める複数の住宅ローンの中から比較・検討できるのは大きなメリットです。



関連記事
住宅ローン申込から融資実行まで

スポンサー広告
住宅ローンは、35年返済と長いです。計画の立てやすい固定金利と思ったらおすすめはフラットです。

40年に渡り不動産経営をしてきました。いろいろのお客様に接し誰もが高額のお金を出してマイホームを購入するのには不安があります。少しでも安心できるように情報発信していきます。不動産宅地建物取引・ファイナンシャルプランナー

記事一覧

関連記事