家を買おうと思ったら、ちょっと覗いてみてください

初めて家を買う!

不動産を探していて、最初に書く書面が不動産購入申込書になります。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

不動産購入申込書とは


不動産を探していて、最初に書く書面が不動産購入申込書になります。
色々物件を見ていて、これはという物件に巡り合ったとき、購入の申込書を書いて相手側に渡します。

初めての不動産購入で、申し込みをするときに不安になりますが「私は、この物件買う気持ちが有りますよ」という意思表示を相手に伝えるためです。

売買契約とは違います。
不動産購入申込書は、売買契約とは別のものになります。
あくまでも買主から、その物件をこういう条件で購入したいと相手に伝えるための書面です。
条件によっては、売り主から断られる場合があります。

不動産購入申込書はキャンセルすることができます。
いくらキャンセルできるとはいえ、諸条件の折り合いがついた時点でキャンセルすると、売主の売却活動に大変な迷惑をかける事になります。
特に売主に歩み寄ってもらった場合などは大変申し訳無いことになります。
キャンセルできるとはいえ、不動産購入申込書を提出するときはよく考えてから出しましょう。

不動産購入申込書記入する項目

申込日
申込日は不動産購入申込書を記入した日になります。

買主に関する情報
お名前と自宅住所になります。
年齢を記入する場合もあります。

単独での購入であればお一人、奥様との共有であればお二人のお名前を記入して下さい。
年収・勤務先や勤続年数など記入する申込書がありますが、売り主に開示されてしまうために、これは避けたほうが良いでしょう。
お名前、自宅住所、年齢だけでとどめておいたほうが良いでしょう。

購入価額
購入の希望価額を書きます。
指値がある場合は希望の価額を記入して価額の交渉が始まります。

あまり低い価額で書くと、相手を怒らせてしまい価額交渉にはなりません。この買主は、お断りしてくださいとの返事が来てしまいます。交渉価額は安いに越したことは有りませんが、相手があることなので常識での価額交渉にして下さい。

支払い条件
売買契約時に支払う手付金の額を記入します。
だいたい100万円から300万円ぐらいでしょうか。
手付金が極端に少ない場合、この人は大丈夫かと売主が心配をして断られる場合があります。

残代金
物件引き渡し時に支払う残代金の金額を記入

融資利用の予定
住宅ローンの利用の有無と借入れ予定額を記入
借入予定額は、住宅ローンの審査に影響しますのできちんとした数字を入れておきましょう。

契約締結予定日
売買契約を締結する日の希望日を記入して下さい。
売主・買主で売買条件の交渉がまとまってからの契約になります。

引き渡し予定希望日
対象不動産について、引き渡して欲しい希望日を記入します。
契約してからあまりにも近い日であれば、住宅ローンの実行も間に合わないので、通常は1ヶ月ぐらいになります。

購入する不動産の表示
購入する不動産について明らかにします。
物件を特定するために、名称・所在地・敷地面積・建物面積などを記入します。
不動産の表示は不動産業者が記入してくれます。

不動産購入申込書で注意する点

購入希望価額があまりにも乖離したものである場合、売主が即座に拒否をして、その後の交渉は一切受け付けてもらえない場合があります。売買価額に対して、あまりにも低い金額での不動産購入申込みは注意しましょう。

自己資金の準備

手付金などは自己資金で支払う場合が多いです。
株や定期預金の満期日などすぐに現金にならない場合はそのスケジュールを確認して下さい。
両親からの資金援助の場合は、いつ手元に入るのかの確認をしておいて下さい。

住宅ローン事前審査

売主によっては、住宅ローン事前審査に通ってからでないと不動産購入申込書を受け付けない場合があります。
不動産申込書と同じタイミングで住宅ローン事前審査審査の申し込みができるように準備しておいて下さい。

ご準備する書類
・事前審査申込書(業者が持っています)
・源泉徴収票
・身分証明書(コピー)
・健康保険書(コピー)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 初めて家を買う! , 2019 All Rights Reserved.