家を買おうと思ったら、ちょっと覗いてみてください

初めて家を買う!

不動産会社は自分で選ぶ時代になりました。良い不動産営業マンと出会うには!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

お客様が不動産会社を選ぶ時代になりました。

同じ物件がたくさんの不動産会社から出ているのはなぜですか。

一番良く聞かれるご質問です。
不動産の売り物件は不動産会社各社共有しています。
昔と違い、今は不動産情報を各社共有できるようなシステムになっています。
不動産業者専用のネットワーク不動産流通機構で売り物件を共有しています。
新築の分譲住宅の場合は、建売屋さんが仲介業者に売りを依頼しています。

先に買い手を見つけたものが勝ちになりますので、
少しでも先に決めようとポータルサイトなどに広告を出します。
その結果、同じ物件が各社から出るようになります。

信頼のおける不動産会社を選ぶ。

闇雲に不動産会社を回ってみても、良い不動産屋さんを見つけることはできません。
大手の不動産会社、地域の不動産会社
大手不動産会社の場合信頼度は抜群、情報量も多く持っています。
良い営業マンに巡り会えればいいですが、たくさんのお客様を抱えていますのでどこまで親身にやってくれるのかが心配です。

地域の不動産の場合、顧客情報が圧倒的に落ちます。
集客力にかけていますがその反面、顧客に対しては柔軟に対処してくれます。
細かい相談にも乗ってくれます。エリア内の様々な地域情報に精通しています。

不動産会社によって違う得意分野

不動産会社には、それぞれ得意分野があります。
不動産と一口に言っても様々です。仲介の場合
中古マンション、中古戸建、新築分譲住宅、土地、投資用物件などに分かれます。この仲介会社は何を得意としているのかはホームページを見ればわかります。
中古マンションか中古戸建てを中心に載せているのか、
新築一戸建ての物件が中心、それとも土地の物件が多いのかで得意分野を知ることができます。

当社は全て得意分野ですので、不動産のことならどんなことでも
おまかせくださいと調子の良い営業マンは信用できません。

良い不動産会社・悪い不動産会社の選び方

物件の問い合わせをすると、物件説明よりも来店を促す。
物件の案内をしてもらうと、執拗に契約を迫ってくる。
会員登録をすると、電話にて営業をしてくる。
細かな条件にも嫌な顔をせずに、親身になって聞いてくれる不動産会社は嬉しいですね。
不動産会社とのやり取りで、大きな疑問が生じたら不動産会社を変更してください。

信頼できる不動産会社

信頼できる不動産会社を選ぶ場合に宅建免許番号を確認する方法があります。
宅建免許番号とは宅地建物取引業の免許を受けたときに割り当てられる番号です。
免許を受ける宅建業者が、複数の都道府県にまたがっている場合は、国土交通大臣発行の
「国土交通大臣免許(8)0000号」になります。

事務所が一つの都道府県にある場合には
「東京都知事(8)0000号」になります。

カッコ内の数字は、免許の更新回数で5年に一度更新になります。
数字が大きいほど更新回数長くやっているということになります。
長く続いている不動産会社のほうが、その分だけ地域情報を多く持っています。

その地域で2年やっている業者と10年やっている業者とでは情報量、
信用度が大きく違いますので一つの目安としてチェックしてみてください。

 

不動産会社はお客様が選ぶ時代です。

ネット時代、お客様は不動産会社を選ぶことができるようになりました。
大手の不動産会社に頼むのか、地元の老舗不動産会社、
地域密着の不動産会社かを選ぶことができます。
自分にあった不動産会社を見つけてください。

不動産は決めてからの付き合いが長い

営業マンは、物件が決まりましたら、物件の調査そして契約をします。
契約が終わりましたら、何処の金融機関に住宅ローンを
申し込むのが一番いいのかを相談します。
金融機関に住宅ローンの申込をします。

住宅ローンの審査が終わりましたら、
金融機関との住宅ローン金銭消費貸借契約を結びます。
金融機関との金銭消費貸借の契約が終わりましたら、
引き渡し前の内覧会を行います。クロスの剥がれや
傷などがないかの最終チェックをします。

営業マンは、売主、買主、司法書士、金融機関との調整をして決済を行います。

このように物件を探すのは簡単ですが、相談、契約、住宅ローン、
引き渡しまで長い付き合いですので納得した不動産会社と付き合いたいですね。

会社とは違う個々営業マンの力

不動産購入は営業マンの力次第でうまくいくかどうかが決まります。
不動産は、物件を見つけてから引き渡しを受けるまで、たくさんのやることがあります。

・不動産の知識がどれだけ有るのか。
物件見学のときに、メリット・デメリットをはっきり説明してくれる。
知識が乏しいと契約前の物件調査に影響します。

・コミニューケーション能力
不動産を正しく把握してわかりやすくお客様に伝えることができるか。

・住宅ローンの知識
お客様にとって、何処の金融機関がいいのか。
資金計画のことや、お客様の個別事情についてしっかりと聞いてくれる人がいいです。

・段取り力
決済までには沢山の人が関わります。売主・金融機関・司法書士
・家屋調査士・測量士など、これらの人をまとめてストレスなく取引を進める力

まとめ

物件が決まってから、決済までは通常1ヶ月ぐらいかかります。
その間に住宅ローンの手続きなど決済に向けてやることがたくさんあります。
段取りは営業マンが進めてくれますが、コミュニケーションが
上手くいかなかった場合は、例えば何度も印鑑証明書を取りに行くなど
ストレスを感じることがあります。
手際よく最後まで進められるかは営業マン次第になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 初めて家を買う! , 2019 All Rights Reserved.