最近の記事

  1. テレワーク
  2. 広告チラシ新築一戸建て物件概要

住宅間取り図を描いてもらって家を建てる。

  1. 注文住宅で家を建てる
  2. 1 view
住宅間取図

この一年間マイホームと思って、建売住宅を探し回りましたが自分たちの思うような家に巡り合えませんでした。自分たちの考えている間取りの家が見つからないのです。

これ以上探しても時間の無駄と分かり注文建築に切り替えました。自由に間取りが選べるからです。

でも自分たちの思っている間取りの家が建てられるのだろうか、予算はどうなのか不安なことがたくさんです。

1.間取り図の情報収集

間取り図集などから、希望に近い間取り図や住宅雑誌などイメージに近い写真があればピックアップしておきましょう。

散歩の途中で見つけた気になる建物、写真が撮れれば資料になります外観や外構、お庭づくりなど参考になります。情報集めし始めたときは、何が良いかわかりませんので情報はできるだけたくさん集めて捨てていく、時間をおいて見直すと必要でないものが見えてきます。
打ち合わせの時、たくさんの資料が出せればスムーズに進めることができます。

間取り作成

2.家族それぞれの要望を、紙に書き出しハウスメーカーに伝える。

家族の希望する間取りを考えてみましょう。住宅全体の間取りはどうするのか、家族全員どのようなこだわりがあるのか書き出してみましょう。
個々の部屋はどうするのか、使う方が考えてみましょう。
在宅ワークのための仕事部屋をどこに作るのか。
玄関に乳母車・ゴルフバッグなどがはいるウォークインの玄関収納

台所は対面キッチンにしてパントリーもほしい。
和室の部屋が一部屋ほしい
浴室は広くしたい。
リビング階段にしてリビングはなるべく広くとりたい。

夫婦それぞれのテレワークのスペースが欲しい。
室内干しのできるコーナーがあるとよい。
固定階段で屋根裏部屋へ行けるようにしたい。
できるだけ各部屋にウォークインクローゼット

予算の関係ですべて要望が入りきれない可能性があります。優先順位を決めておくと良いでしょう。

住宅間取図作成

3.希望に近いハウスメーカーから間取り図の提案を受ける

住宅の間取り図をご自分で作るのは難しいです。間取り図を勉強するのにも時間がかかります。その時間をハウスメーカー探しや情報集めに使ってください。

間取図を依頼するには、3つの方法があります。
1.間取り図ソフトで自分で作ってみる。
2.設計事務所に依頼する。
3.ハウスメーカーに依頼する。

多くのハウスメーカーより間取りプランを作ってもらいたい、自分たちに合った間取りプランをできるだけ多く集めたい。それには住宅展示場に行き、これはと思うハウスメーカーを1社1社尋ねてお願いして作ってもらうことになります。いくつかのハウスメーカーを回らなければなりません。打ち合わせに手間暇時間がかかります。これは面倒ですね。

そこで間取りプランは専門家に描いてもらいましょう。家族皆さんで出した要望を伝えて、図面に起こしてもらいましょう。

形になることによりいろいろと見えてくることがあります。それをたたき台として、新しい発見や付け加えたいことが見えてきます。間取りプランを専門家に頼むことにより、今まで気が付かなかった専門家からの提案がもらえます。

そこで一度にいくつかの住宅メーカーに間取りプランを作ってもらう方法があるのをご存じでしょうか。ぜひ試してみてください。
スポンサー広告

4.間取り図を、何度か修正して最終プランを決めていく

同じ要望を伝えても、出来上がってくる間取り図は各社違うものです。予想をしていたのとまったく違う間取り図が出来上がってくる場合があります。びっくりするほど斬新な間取り図が手に入るかもしれません。それをたたき台として、何度も修正を重ねてご自分たちに合った間取り図を作っていきましょう。

間取り図の中で、家具などの配置を決めていくと、何が足りないのかが見えてきます。例えば机の位置、テレビの置く場所、そこにはコンセントが欲しいですね。エアコンの向きをどちらにするかでコンセントの位置が違って来ます。壁面に大きなサイドボードなど置く壁面には電気のスイッチはつけられません。あるいは部屋の大きさを変えるということも出てくるでしょう。

新しいアイデアやデザイン力、提案力などじっくりと比較検討して最終プランを決めていきましょう。

スポンサー広告

5.間取り図と見積書を比較検討して1社に決める

最終プランが決まったなら、その同じ間取り図で各社の見積もりを取ってください。見積もりのなかで、浴室、キッチン、フローリング、建具などのグレードはどの程度のものが入るのかを、メーカーのショールームなどで確認してください。自分たちの予算内で建物のグレードや設備など希望のものがかなえられるハウスメーカーを見つけてください。

できるだけ多くの間取り図を作成してもらうこと、出来るだけ多くの見積書を作ってもらうことです。

ここは専門家に任せた方が良いでしょう。家を建ててもらいたいハウスメーカーや工務店などを数社選んで間取り図はおまかせした方が良いでしょう。

スポンサー広告

住宅の間取り図まとめ

コロナ過の中でハウスメーカーに出向き1社1社回るのは大変です。営業の人にこのような間取りプランと依頼をしてそして打ち合わせ時間がかかります。1日にせいぜい2社回るのが良いとこでしょう、3社回るとへとへとになります。

一括依頼して営業電話でもかかってきたら心配という方は依頼するときに連絡はメールのみ希望と書いておけばよいでしょう。それでもかかってきたらその会社は切り捨てましょう。間取り図依頼したからといってハウスメーカーとの交渉、話を聞かなければいけない、契約をしなければいけなということはありません。すべてお断りしても何かを請求される、費用が掛かるということもありませんのでご安心ください。

スポンサー広告:ハウスメーカーや工務店に、一度で間取り図が依頼ができるサイトです。できるだけ資料を集めてみてください。

この記事チェック
家を建てるための手順教えてください
住宅ローン頭金なしでマイホームゲット
住宅ローン事前審査を複数の銀行に申し込む4つの理由

40年に渡り不動産経営をしてきました。いろいろのお客様に接し誰もが高額のお金を出してマイホームを購入するのには不安があります。少しでも安心できるように情報発信していきます。不動産宅地建物取引・ファイナンシャルプランナー

記事一覧

関連記事