最近の記事

  1. 団信特約
  2. 田中くんが家を買った

頭金なしで注文住宅を建てる方法

  1. 注文住宅で家を建てる
  2. 31 view
頭金なしで注文建築

子供も大きくなってきたので、マイホームが欲しい、出来たら注文建築で自分たちの希望の間取りデザインで家が建てられたら、でも頭金がないので諦めました。そのような方は多くいます。あきらめないでください、頭金なしでも家は建てられます。低金利の今だからこそできます。

頭金とはなに。

住宅を購入するときには多くの方が住宅ローンを利用します。住宅ローン以外に現金で支払うお金が頭金になります。
例えば、土地と建物で4,000万円かかります、頭金2割現金で800万円支払い残りを住宅ローンで支払います。この800万円が頭金になります。一昔前まで金融機関は購入する物件の7割から8割までしか住宅ローン貸してくれませんでした。その名残が残っていて「頭金は2割とか3割無いとだめですよ」と言われていまし。いまはほとんどの金融機関が、物件代金の100%を融資してくれます。

頭金なしで購入するメリットは。

今すぐにマイホームの計画がたてられます。良い場所が見つかったらすぐに家を建てることができます。

早いうちに住宅ローンを組みますので、定年前の早いうちに住宅ローンが終わります。

手持ちの現金を出さないので、手持ち資金が減りません。住宅ローンの金利は安いです。もし手持ち資金を出してしまって、将来子供の教育ローン借りるとなると住宅ローン金利より金利は高くなります。手元に資金を残しておくことで想定外の出費に備えられます。

頭金なしで購入するデメリットは

住宅ローン借入金額が多くなり、月々の負担が多くなります。余分な金利を支払うことになり総支払額は多くなります。

頭金なしの場合は、金融機関の審査が厳しくなり、金利が高くなる場合があります。

頭金なしで注文建築2

頭金なしで家を建てる何からしたらいいの

まずは住宅ローン事前審査を受けましょう

頭金なしで家を建てるのですから、あなたが金融機関からどのくらい借りられるかを知る必要があります。奥様も働いているのであれば、お二人で借りれば借入額も多くなります。

いくら借りられるかを掴んだら、毎月の返済額はどのくらいになるのか、月々無理なく支払える金額はいくらなのかを決めてください。それにより予算が減る場合もありますが、月々払える金額で抑えてください。その払える金額で住宅ローン事前審査申し込みをしてみましょう。

予算内で家を建ててもらえる建築会社を探そう。

注文建築の場合は、一般的にハウス展示場回りをしますが、このコロナ過で一社一社回るのは大変です。時間があればいくつか回って参考にするのもよいでしょうが、より多くの情報を集めるために優良注文建築会社600社からあなたに合った建築会社が見つかる「タウンライフ家づくり」を利用しましょう。

タウンライフ「家づくりのサービス」無料でできる家づくりの第1歩です。一度の手間で、あなたの住んでいる地元の複数住宅会社へ一括して見積もりや間取りの依頼ができます。

タウンライフ「家づくり」では家づくり計画書を作成してもらえます。間取りプラン、資金計画、土地提案をしてもらえます。これから家を建てるためのたたき台として利用してください。住宅展示場行く前の準備資料としても使えます。資料を見比べてこれはというところがありましたらハウスメーカーのショールームに足を運ぶのもよいでしょう。

家を建てるためにいくらかかる

一番初めの住宅ローン事前審査により、いくら借りられるのか、毎月いくらなら無理なく返済できるかがわかりましたので、そこから総予算がつかめます。

次にタウンライフ「家づくり」で建物の建築費がつかめましたので、土地の予算が出てきます。

例えば総予算が4,500万円とすると建物代が1800万円、土地代2,500万円、200万円を予備費として取っておくと安心です。
予算に合った土地探し始めよう。

頭金なしで注文建築2

実際に頭金なしで注文建築を建てる方法

成功の第一歩は、できるだけ注文建築会社の情報を多く取ってください。その中でこれはと思う建築会社が見つかりましたら、見積もりを取り間取りプランなどを進めていってください。

同時進行で土地探しをします。希望の土地が見つかりましたら、すぐに申し込みを入れて土地を抑えます。住宅ローンの事前審査をだして、事前審査が通れば土地の契約になります。

契約するときには手付金がかかります。手付金の額は100万円で契約しましょう。この手付金は住宅ローンがおりてきたときに戻ってきます。
土地が抑えられたら建築の話をどんどん進めていってください。土地の決済は、通常1か月になりますので、この間に建物の話を進めていってください。

土地が自分の名義になったところで建築確認を出してください。土地の決済をしたときに、建築確認を出せるように準備することがポイントです。なぜならば土地の決済をするときに住宅ローンが下りてきます。その時点から金利が発生します、支払いが発生しますので出来るだけ期間を詰めてください。

土地の分のローン支払いは、建物の決済が終わるまでは金利だけの支払いで済むような方法もあります。

土地の契約と同時進行で、建物の請負契約を結びます。

建物の支払いは、通常契約時手付金、着工時、上棟時、完成時に分かれます。手付金は、やはりできるだけ少ない額100万円で契約しましょう。残りの資金は、住宅ローンを3回に分けて出してもらいましょう。

例えば、土地2,500万円の契約の場合、手付金で100万円支払っていますので残金は2,400万円になります。住宅ローンは2,500万円が融資されますので、手付金の100万円が手元に戻る感じになります。建物の請負契約も同じことになります。自分のお金は使っていません。

頭金なしで注文建築4

頭金なしで注文建築を建てる方法まとめ

住宅ローンの本申し込みには、土地の売買契約書、建物の請負契約書が必要になりますので住宅ローン本申し込みをする場合は契約をしてください。契約のあとに住宅ローン本申し込みになります。

手付金100万円ずつで契約をします。土地の決済の時、建物の決済の時に、出した100万円は戻ってきます。土地の決済が終わった時点で金利が発生しますので、土地の決済が終わったらすぐに建築確認を出せるように準備しておいてください。土地探しと注文建築会社探しは同時進行で進めていかなければなりません。

頭金を貯めるより先に、預金するお金を住宅ローン返済に回してください。

注文建築会社が見つかるタウンライフ家づくりを使ってみてください。情報を取るだけでも構いません費用は掛かりません。

40年に渡り不動産経営をしてきました。いろいろのお客様に接し誰もが高額のお金を出してマイホームを購入するのには不安があります。少しでも安心できるように情報発信していきます。不動産宅地建物取引・ファイナンシャルプランナー

記事一覧

関連記事